アイクリームは女性の心強い味方|困った時のお助けグッズ

肌ケア用品

肌への浸透度を考える

ビーグレンの化粧品は、肌に高品質な成分を与えることだけではなく、肌により深く浸透させることも考えた化粧品です。「キューソーム」という独自に開発された技術で、他に類を見ないほどの浸透度を実現させました。

美容クリーム

肌内部に水分を届けるには

気になる乾燥肌には化粧水の見直しが重要です。刺激が少なく保湿効果の高い成分が使われていることが多いです。添加物は少ないのです。化粧水は水溶性の保湿成分を肌内部に浸透させる効果があり、洗顔後最初につけるもののため乾燥肌対策には最も重要です。

続けることで差が出る

スキンケア

ケアは早めに始めましょう

みなさんは毎日使う基礎化粧品にどのようなアイテムを使用しているでしょうか。化粧水と乳液だけでしょうか。それとも、その2つに美容液もプラスしているでしょうか。これらの2つ、ないし3つの基礎化粧品にぜひ加えるべきなのが、アイクリームです。目元は年齢の出やすいパーツです。目尻のシワや下まぶたの一本ジワ、ちりめんジワなどは、老けて見える大きな原因となります。また、目の下のクマやたるみも、年齢とともに気になるようになってきます。しかし、シワやクマ、たるみなどが気になってから慌ててアイクリームを使い始めてからでは遅いのです。まだシワなんて気にならない若いうちからアイクリームで目元ケアをすることはとても大切です。

丁寧に塗っていきます

目元は顔の中でも1番皮膚が薄くて弱く、デリケートな部分です。アイクリームを塗る時だけに限らず、目元ケアをする時はそっと丁寧にやることを心がけましょう。クリームを塗る指は薬指を使います。5本指の中で一番力が入りにくいからです。ゴシゴシと塗りこんでしまうと、シワやたるみの原因となるので注意が必要です。アイクリームを塗る時は、上まぶたは目頭から目尻に向かって、下まぶたは目尻から目頭に向かって塗っていきます。上下まぶたの6ヵ所くらいにポンポンとアイクリームを置いてから、少しずつ伸ばしていくようにします。皮膚をなるべく動かさぬよう、優しく塗っていきます。このような目元ケアはまだシワの目立たぬうちから始め、そして継続することが大切です。きちんと目元ケアを続ければ、30代40代になった時にきっと差が出ることでしょう。

スキンケア用品

ニキビ跡が綺麗になる

リプロスキンはニキビ跡に効果が高いとされている化粧品です。購入される場合は通常コースよりも定期コースの方がお得に購入することがおすすめです。気になる方はウェブサイトで口コミを確認されることをおすすめします。